皮膚のしくみと素肌美

  • 皮膚のしくみってどうなっているの?
  • 美しい素肌の条件って何?
  • 素肌美づくりに必要なものは?
  • 表皮の力が弱まると、どんな肌になるの?
  • 真皮の力が弱まると、どんな肌になるの?

皮膚のしくみってどうなっているの? わたしたちの皮膚は3つの構造に分かれていて、自分に合う天然のクリームを作り出す力を持っています。

<皮膚の構造とは>

一番外側にある表皮は、紫外線や大気汚染など外部の刺激にさらされている部分です。その刺激から皮膚を守る働きがあります。表皮では古い細胞から新しい細胞へと常に生まれ変わる=表皮活性が行われています。表皮活性がスムーズな状態と一番表面の角層の水分が10%~20%に保たれていると理想的な状態といえます。

真皮は、肌の土台となるもので、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分を含み、皮膚のハリ・弾力に関係しています。年齢を重ねると自然的老化が進みやすいので、肌の若々しさを保つのに大切な層といえるでしょう。しかも真皮は化粧品だけでは、お手入れが行き届きにくい部分なのです。若々しさを保つには、血行を良くし、皮膚細胞に十分栄養を行き渡らせ、真皮を再生させることが大切です。皮下組織は脂肪を蓄え、衝撃を吸収するクッションのような役割を果たします。

<天然のクリームとは>

健康的な肌に欠かせないのが皮脂膜。皮脂腺と汗腺から分泌される脂と汗が肌表面でクリーム状に混ざるので、私達は自ら作り出した天然のクリームで、お肌のうるおいを保ったり、雑菌からお肌を守ったりと様々な働きをしているのです。

汗  +  脂  =  皮脂膜 …天然のクリーム

美しい素肌の条件って何? 頭文字をを取って、「う・な・は・だ・け」です。

女性の肌は、くすみやシミ、肌荒れ…など悩みはつきません。ある程度はメイクでカバーできますが、やはり土台である素肌が美しいことが何よりも大事です。

美しい素肌の条件「う・な・は・だ・け」

この5つの条件を満たしていることが、美しい素肌であるとSAQINAは考えます。

血行を良くするだけでいいの? 「水分」「排出」「血行」の3つです。この3つの力を引き出すお手入れが必要です。

素肌美にとって一番の大きなカギを握っているのが血行を良くすることですが、残念ながらそれだけでは足りません。この3つの力を引き出すことが大事なのです。

「水分」「排出」「血行」→素肌美

もともとわたしたちの肌に備わっている、素肌美をつくる3つの力→しかし、加齢とともに、その力が低下→だから、3つの力を引き出すためのお手入れが必要

表皮の力が弱まると、どんな肌になるの? 乾燥しやすくなって、様々な肌トラブルのひきがねになるんですよ。

POINT1

表皮のいちばん下にある基底層で生まれた新しい細胞「表皮細胞」は、約28日かけて角層(角質層)へと上がっていき、「角層(角質)細胞」になります。そして最後は、アカ(垢)となってはがれ落ちるというサイクルが「ターンオーバー」です。

POINT2

角層はラップと同程度の薄さですが、肌内部の水分をキープしたり、水分や異物が外部から体内に入らないようにしたりする「バリア機能」を持っています。ターンオーバーが乱れると、バリア機能が低下し、肌トラブルにつながりやすくなります。

表皮活性がスムーズな状態

ターンオーバーが乱れる理由 加齢、環境やストレス、紫外線、食生活の乱れ、睡眠不足etc… ターンオーバーが乱れる→バリア機能の低下につながる→肌の中の水分が蒸発するなど、肌トラブルの引き金になる

表皮活性がスムーズでない状態

↓

表皮活性には水分 排出 血行が欠かせません。

真皮の力が弱まると、どんな肌になるの? 真皮層の編み目がゆがんでハリ、弾力のない肌になるんですよ。

POINT1

ハリ、弾力、血色・・・若々しい肌のカギを握っているのは、肌の土台ともいえる真皮です。そして、真皮を構成するコラーゲンやエラスチンなどを生み出すのが「線維芽細胞」です。この細胞の活力をアップさせるには、真皮内の血行が良いことがポイントです。

POINT2

真皮再生は、化粧品では促せません。肌の内部トレーニングを行うことで、引き締まったフェイスラインをキープし、悩みのない若々しい素肌を目指しましょう。

健康な真皮の状態

真皮=肌の土台 肌内部から 若々しさを保つ

真皮のネットがゆるんだ状態

↓

真皮再生には水分 排出 血行が欠かせません。