季節のお手入れアドバイス

  • 秋のスキンケア
  • 冬のスキンケア

秋のスキンケア 夏の疲れが肌に出やすいときです。やさしくていねいにお手入れして肌をおだやかな状態にもどしましょう。

秋の肌の特徴
夏の間の紫外線から肌を守るため角層が厚くなり、触ると硬くゴワゴワしている状態になります。
気温の変化とともに肌の新陳代謝が低下。角層の保水力も低下し、乾燥しやすくなります。
メラニン色素が沈着しやすく、シミができやすくなります。

秋の肌質別お手入れポイント

普通肌の方のお手入れポイント

  • 夏の間お休みしていた赤外線を再開しましょう。
  • 夏の疲れで角層が硬い感じのときは、シンプルコースのかわりに「柔軟ケア」を行いましょう。
柔軟ケア

乾燥肌の方のお手入れポイント

  • 乾燥が気になるときは、赤外線の前に「ローションパック」を取り入れて肌の水分量を高めましょう。
  • 整肌の最後に、クリームをなじませましょう。
  • フルコースは月2~3回にしましょう。

脂性肌の方のお手入れポイント

  • 古くなった角層がたまりやすくなります。週1回フルコースによるきめ細かなお手入れをしましょう。
  • 角層が厚くザラつきを感じるときは、シンプルコースのかわりに「柔軟ケア」をしましょう。

混合肌の方のお手入れポイント

  • 肌表面があれやすい状態です。脂っぽい部分と乾燥しやすい部分のお手入れを少しかえましょう。
  • 脂っぽい部分は、ウォーターコットンでカバーし赤外線を再開しましょう。
  • 乾燥しやすい部分には、整肌の最後にクリームをなじませましょう。

敏感肌の方のお手入れポイント

  • 夏の疲れが肌に影響しやすい時季です。お手入れの間隔をあけましょう。
  • 「ローションパック」を取り入れ保湿や少し冷やすことで、落ちつかせましょう。

※赤み、かゆみがあるときは、お手入れをお休みして、冷タオルなどで冷やしましょう。

冬のスキンケア 空気の乾燥と寒さで、血行が悪くなりがち。なるべく肌を温めていたわりながら、しっかりお手入れしたい季節です。毎日の積み重ねで肌も元気になります。

冬の肌の特徴
水分不足や皮脂不足による皮脂膜の減少、保湿機能の低下により肌が乾燥しやすくなります。
気温の低下、室内の暖房により、激しい乾燥が続くと、小ジワが気になるようになります。
皮膚温が低下するため、血液循環が悪くなり肌がくすみやすくなります。

冬の肌質別お手入れポイント

普通肌の方のお手入れポイント

  • 赤外線で肌を温めてあげましょう。
  • 乾燥が気になるときには、赤外線の前に「ローションパック」で保湿をしましょう。
  • 目のまわり、口のまわりなど、特に乾燥しやすい部分には、クリームをなじませましょう。

乾燥肌の方のお手入れポイント

  • 水分不足、皮脂不足が起こります。テスラーの出力を弱めにしましょう。
  • フルコースの回数を守りましょう。赤外線の前に「ローションパック」で保湿しましょう。
  • 整肌の最後に、クリームをなじませ乾燥対策をしましょう。
  • 乾燥が激しいとき、小ジワが気になるときは、シンプルコースをお休みし、「保湿ケア」をしましょう。
保湿ケア

脂性肌の方のお手入れポイント

  • 脂っぽさは少しよい状態になりますが、水分不足が起こります。肌に合わせてお手入れをしっかりやりましょう。
  • 目のまわりなどの乾燥しやすい部分には、美容液や乳液をなじませましょう。

混合肌の方のお手入れポイント

  • 乾燥する部分と脂っぽい部分が極端に分かれます。乾燥する部分のフルコースは、月2回にしましょう。
  • 乾燥が気になるときには、赤外線の前に「ローションパック」をしましょう。
  • 頬や目のまわりなどの乾燥する部分には、クリームをなじませましょう。

敏感肌の方のお手入れポイント

  • まわりの環境に左右され、肌あれを起こしやすい状態です。各ステップの時間を守りましょう。
  • 乾燥が気になる時は、お手入れの間隔をあけ、赤外線の前に「ローションパック」をしましょう。
  • 乾燥する部分は、クリームをなじませましょう。
  • 激しい乾燥のときは、シンプルコースをお休みし、「保湿ケア」のお手入れをしましょう。

※赤み、かゆみがあるときは、お手入れをお休みして、冷タオルなどで冷やしましょう。

冬のその他お手入れポイント

朝の洗顔方法をかえてみましょう

  • 目のまわりや頬など部分的な乾燥が気になる時は、Tゾーンのみ洗顔フォームで洗いましょう。
  • お顔全体の乾燥が気になる時、肌あれが気になる時は、プレ洗顔(ぬるま湯で洗い流す)で様子をみましょう。