SAQINA Beauty Partner Contest 2011

2011年9月1日、九州の「ヒルトン福岡シーホーク」を会場に「第2回サキナビューティーパートナーコンテスト」が行われ、グランプリ1名、準グランプリ2名が決定。
ステージでスポットを浴びているのは、全国の予選会を経て、全参加者835名のなかから、見事、各ブロック代表となった12名のサキナアドバイザー。熱い応援のなか、2時間にわたって審査が行われました。大ホールの約2,000名と審査員を前に、終始凛とした姿勢で、決められた時間内に堂々とスピーチし、リハーサルなしの質問にもホスピタリティをもって応対する一人ひとりに大きな拍手と歓声が湧きおこり、会場は熱気に包まれました。

仕切り

仕切り

【審査員】審査員長:株式会社フヨウサキナ代表取締役社長 奥村久雄/コメット電機株式会社代表取締役社長 高橋 佳幹/株式会社ビーキャリアコンサルティング代表取締役 大神賀世子/株式会社笑顔アメニティ研究所代表取締役 門川義彦/サキナエージェント 森京子/サキナエージェント 尾崎蔦子/サキナエージェント 竹田靖子/サキナエー ジェント 荒木律子/サキナエージェント 加藤徳子 以上9名(敬称略)

グランプリ

斎藤 香里

活動店舗:サキナビューティースペース青森/サキナアドバイザー歴:5年1ヶ月
幸せのお手伝いをしながら、無限の可能性に挑戦できるサキナの素晴らしさを伝えたいと活動中。

愛用して間もなくアドバイザーになり、楽しく活動させていただいていましたが、あるとき一人のご愛用者さんからご指摘を受けたことがありました。恥ずかしながら、いかに自分がきれいに見えるかを気にし、お客様と友達感覚で話すなど、プロ意識にかけていた私でした。サキナクレドを読み、常にお客様の視点に立った行動を考えるようになりました。お客様に「また来たい」と思っていただけるよう。自分自身を磨き、“存在の美しさ”のあるビューティーパートナーを目指したいと思っております。

 

準グランプリ

原田 弘子

活動店舗: サキナビューティースペース八女/アドバイザー歴:4年
双子の娘と主人のために、自分らしく輝く素敵な女性を目指して活動。

行動ガイドライン(サキナクレド)をリビングに貼り、毎日家事や車の中で音読し、家族の前で読み上げています。店舗では接客の前にも音読してしています。日常生活から意識を変えることで、相手に対する思いやりや、心遣いなど、すべてに生かされていくと思っています。

 

準グランプリ

加藤 晶子

活動店舗: サキナビューティーラウンジ大阪/アドバイザー歴:3年7ヶ月
人の可能性を広げ、希望を引き出すことのできるビューティーパートナーに。

最高のおもてなしとして、まず大切にしているのは第一印象。とびっきりの笑顔です。そして一人ひとりの要望に沿って問題解決ができるよう、その方の望みは何か?という視点で会話し、的確にキャッチしたうえでその方がご自分で気づけるように働きかけます。

 

  • HOME
  • 第2回サキナビューティーパートナーコンテスト
  • 第7回サキナビューティーパートナーコンテスト
  • 第6回サキナビューティーパートナーコンテスト
  • 第5回サキナビューティーパートナーコンテスト
  • 第4回サキナビューティーパートナーコンテスト
  • 新ベーシックケアライン登場
  • TVCM放映中
  • 第3回サキナビューティーパートナーコンテスト
  • RAEVA(ラエヴァ)新登場
  • 東日本大震災復興支援プロジェクト
  • 第2回サキナ素肌美コンテスト
  • サキナビジュー発表
  • 第2回サキナビューティーパートナーコンテスト